オススメ『聞く』本

【どちらがオススメ】雨穴『変な家』&『変な絵』そして『変な家2』はノンストップミステリー

※一部アフィリエイト広告を利用しています。

こんにちはseaです。

記事を書いているseaの紹介

2022年は年間読書100冊を記録、2023年は7ヶ月ですでに100冊以上の読書をしています。読書ブロガーだからこそ選べる一冊を紹介します。当ブログ「読むねっこ」では、読書を楽しむを原点に、本を色んな角度から紹介していきます。ぜひ記事をご覧になってください。

当ブログでは、小説・ビジネス書・読書ブログの書き方など「読むことをとにかく楽しむ」ブログになっています。

最新記事はこちら!

【どちらがオススメ】犯人捜しNG「十戒」と絶対ミスNG「方舟」ネタバレなし解説本屋大賞作品ノミネート作品も排出した作家夕木春央さん、今回の記事では前作「方舟」と最新作の「十戒」の解説をしています。 十戒の魅力は何と言っても、10のルール設定。ぜひ次ぐに読む本の参考にしてください。 ...

今回は今話題の書籍『変な家』『変な絵』を一気読み!そして最新の『変な家2』11の間取り図が発売となりました!

読んでみたらやはり読む手が止まりません。

どこの書店に行ってもこの表紙を見かけましたが、このブームはまだまだ続きそうです。

しかも今回は、書籍に雨穴さんの形をした栞がついていました。

sea
sea

栞は、かなり不気味です・・・娘が怖がっていました。

人気も話題も止まらない!変な家は映画化もされます!

どの作品も「ヒヤッとするような・・・少し怖いミステリー体験」ができる一冊です。

sea
sea

とにかく人気の勢いが止まらない作品です。

今回は最新の「変な家2」と過去の2作品をあわせてレビューをしていきます。

インパクトは抜群ですね。ミステリー感がすごく漂っているカバーになっています。

この表紙に惹きつけられて買った人もいるんではないでしょうか。

私もその一人です。

ものすごく謎めいていて、ミステリー好きの心をくすぐられて購入をしていました。

読んだあとの感想は、こんな感想を持ちました。

ものすごくテンポよく読めるミステリー小説なので、本に慣れていない人でも読み進めやすい!気になって最後まで一気読みしてしまう!

こんな人にオススメだよ

  • 謎解きがとにかく好き
  • 短時間でミステリーを楽しみたい
  • ミステリー好きデビューしたい

きっとこの小説を切っ掛けにミステリーが好きになり、読書を習慣化できるそんな小説です。

それはなぜかというと小説として読むのに、ものすごくハードルが低く読みやすいからです。

それでは『変な家』・『変な絵』『変な家2』を書評レビューさせて頂きます。

ちなみにAudibleであれば『変な家』『変な絵』を聴くことが出来ます。

お試し期間に『変な家』「変な絵』をぜひ聴いてみてください。

30日間体験できます!

▶▶🎧聴き放題のAudible無料体験へ

AmazonのAudibleなら、お試し期間に12万作品以上から試しに聞くことが出来ます。

よむくま
よむくま

スキマ時間に聞くことが出来るAudibleをぜひ!

▶▶Audibleで読める本を調べる🔍

お試し期間だけの利用もできるのがAudibleの特徴です。

よむくま
よむくま

まずはお試し期間にサクッと聞いちゃいましょう!

そしてココ最近話題になっているのが『変なAI』Twitterでも話題になっています。

今回の記事ではこちらを紹介!

  • 著者の紹介 雨穴とは
  • 変な家 紹介
  • 変な絵 紹介
  • 変な家2紹介
  • 最新の「変なAI」紹介

よむくま
よむくま

最後に変なAIについて紹介するよ!最新のストーリーが気になる。

漫画でも読むこともできるよ!

著者の紹介

著者:雨穴(うけつ)

職業:ウェブライター・YouTuber・ホラー作家

ノンフィクションのレポート風に綴る記事『【不動産ミステリー】変な家』は評判となり、YouTube版は2022年9月現在、1117万回以上再生されている。その後、動画をもとに加筆を加えた作品が飛鳥新社から『変な家』として書籍化され、売り上げは20万部を突破した。また、『変な家』は、2022年5月現在、映画化が決定している。

引用 Wikipedia

sea
sea

作者自身が、まさにミステリー感漂ってますね。

『変な家』紹介映像

sea
sea

あなたは、
こちらの映像の間取りに疑問が浮かびますか?

この映像の間取りでいくつの異変に気づくことが出来るでしょうか?

本来は必要のない空間があることに気づくことができましたか?

『変な家』あらすじ

「【不動産ミステリー】変な家」には さらなる続きがあった!! 謎の空間、二重扉、窓のない子供部屋—— 間取りの謎をたどった先に見た、 「事実」とは!? 知人が購入を検討している都内の中古一軒家。 開放的で明るい内装の、ごくありふれた物件に思えたが、 間取り図に「謎の空間」が存在していた。 知り合いの設計士にその間取り図を見せると、 この家は、そこかしこに「奇妙な違和感」が 存在すると言う。 間取りの謎をたどった先に見たものとは……。 不可解な間取りの真相は!? 突如消えた「元住人」は一体何者!? 本書で全ての謎が解き明かされる!

<目次>
第一章 変な家
第二章 いびつな間取り図
第三章 記憶の中の間取り
第四章 縛られた家

引用 Amazon

You Tubeにもあるとおり、一枚の間取り図からストーリーが始まります。

この間取図の中で不思議な箇所がいくつも見つかります。

謎の空間

子供部屋の二重扉

窓の無い子ども部屋

なぜこんなところに脱衣場?

その意味を探るととんでもない真相が解ります。

事故物件なのか?どんな人が住んでいた部屋なのか?

読み進めていくと、謎が深まっていきます。

sea
sea

最後まで夢中で読み続けて、途中で冷めることのない好奇心に駆られました。ホラーの要素も少しありつつ謎解きが好きな人にはたまらない内容です。

スピーディーな展開で謎解きが繰り広げられるので、読みだしたら止まらなくなります。それほど面白い!楽しめる内容になっています。

もし次に中古物件や賃貸物件を探すときには、間取りが気になるコト間違いありません・・・『この物件地下室とか隠し扉ないよね?』と聞いてしまうかもしれません。

よむくま
よむくま

今回、変な家が映画化されることになったよ!

『変な絵』紹介映像

sea
sea

絵には「ある意味」が含まれています。
あなたはこの『伏線』に気づくことが出来ますか?

この絵だけでストーリーが浮かんできたら、立派なミステリーマニアです。

ぜひ先入観にとらわれずに、色んな角度から絵を見て考えてみてください。

『変な絵』あらすじ

ホラー作家兼YouTuberである雨穴氏による、自身初となる11万字書き下ろし「長編小説」! タイトルは『変な絵』。
見れば見るほど、何かがおかしい? とあるブログに投稿された『風に立つ女の絵』、消えた男児が描いた『灰色に塗りつぶされたマンションの絵』、山奥で見つかった遺体が残した『震えた線で描かれた山並みの絵』……。
いったい、彼らは何を伝えたかったのか――。9枚の奇妙な絵に秘められた衝撃の真実とは!? その謎が解けたとき、すべての事件が一つに繋がる! 今、最も注目を集めるホラー作家が描く、戦慄のスケッチ・ミステリー!
※前作『変な家』の“キーマン”栗原も登場!

引用 Amazon

YouTubeにもある通り、この5枚の絵から全てが始まります。

あるブログの中で公開されている5枚の変な絵にはどんな謎があるのだろう。

この絵をもとに、謎解きが始まります。

全部で9つの絵が出てきますが、この絵の意味が全てわかった時に物語の繋がりがわかります。

「まさか!」と「なるほど!」が混ざり合って、ミステリー小説の醍醐味を味わうことが出来ます。

変な家に引き続き、スピーディーな展開で読める小説です。実際に読むまでに掛かった時間はおよそ2時間半で読み終えました。

sea
sea

変な家以上に、最後まで展開が読めない!最後の最後まで楽しめる内容になっています。まさに雨穴ワールドに引き込まれてしまうような内容です。

変な家2はどんなストーリー?

sea
sea

変な家2はやはり「間取りミステリー」となっています。

1作目の変な家を発売してから、著者のもとに「変な間取り」に関しての情報が多数寄せられた。そこでそれぞれの「変な家」の情報を調べていくうちに、ある繋がりがあることがわかった。

一つ一つが短編として「間取りミステリー」となっているので、飽きずに最後まで緊張感を持って推理ができます。

今回の調査資料としての間取りは、全部で11の間取り全ての間取りの謎を解き明かしたときに見える繋がりとははなにか?

11の間取りに隠された伏線を探すと最後まで楽しく読めます!

少し怖いミステリーだけど、読みだしたら止まらない・・・

sea
sea

子どもも読んでいます

私が今回、書店で手にするのを見て、子ども(小6の女の子)が『次、私にも読ませて』といってきました。

子どもにはどうだろうな・・・

と思いつつも一緒の本に興味をもってくれたことが、すごく嬉しかったというのが正直なところです。

小学6年生となるとホラーものやミステリーにも興味を持つようです。

実は、我が子は愛読書が『相棒』ということもあり、ミステリーにも目がない!

そのため、今回の『変な家』『変な絵』にはものすごく興味があったようです。

読んだ感想は

想像もしない展開に楽しく読めた!
絵からこんなにも読み止めるって「すごくね!

正直な小学生の感想ですね。

子どもが楽しめる理由の一つとして・・・

間取りやふしぎな絵は「視覚」で楽しめるのは大きいと思います。

よむくま
よむくま

どちらもミステリー本のはじめの一冊として、楽しめる完璧な内容になっていますね!

今回新たに『変な家2』が出たので、すぐに買って娘と読みました!
娘も大喜びです。

sea
sea

変なAIとは・・・?

とある画像作成AIに「怖い画像」と入力したら・・・

そこに表示されたのは

Twitterでも、You Tubeでも話題になっています。

AIで作ったある画像が怖いと言われる・・・雨穴さんにこの画像について相談をする。

最新の画像生成AIが今回のストーリーの始まり。

この画像について調べていくうちに、「なにか変」とうことに気づいてきます。

sea
sea

私もこの変なAIを夜中1人で再生して見てたのですが・・・少し怖い。

やっぱり雨穴さんのこのストーリーは映像で見るほうが怖いですね。

ぜひ早く小説化されるのが待ち遠しい作品です。

記事のまとめ

最新作を含めて3冊を一気に読みましたが、何度も書いている通り読み始めると止まらない展開になっています。

普通、謎解きは、遠回りをしながら簡潔に向かっていく小説が多い中で、この小説はまさに遠回りをせずに最短距離で謎解きをしているような展開があります。

まさかこんな展開はないだろうと思っていてもさらに上をいくような展開に頭の回転が追いつかないようなところがあります。

sea
sea

こんなスピード感がある小説ははじめてだ!心から思った小説です。

3作品のうちどれが好みだったかというと私は『変な家2』でした。

なぜかというと短編としての話の構成もしっかり楽しめるからです。

また最後に何か繋がりがあると解っている状態ではじめから読むことで、

どこに伏線が散りばめられているんだろうという、ドキドキした気持ちで読み勧められるからです。

ちなみに小6の娘は『変な絵』が好みだったようです。

ただどれもオススメなので、ぜひ一度読んでいただきたいおすすめの小説です。

もし今回をこのシリーズをきっかけにミステリー小説に目覚めたら、

次に私がおすすめする読んでほしい小説は「方舟」です。

sea
sea

こちらの↓記事で、「方舟」についてをレビューしています。
ぜひあわせて読んでみてください。

【どちらがオススメ】犯人捜しNG「十戒」と絶対ミスNG「方舟」ネタバレなし解説本屋大賞作品ノミネート作品も排出した作家夕木春央さん、今回の記事では前作「方舟」と最新作の「十戒」の解説をしています。 十戒の魅力は何と言っても、10のルール設定。ぜひ次ぐに読む本の参考にしてください。 ...

【Audibleで聴く本屋大賞ノミネート作品】『方舟』と『爆弾』読むならどっち?2022年ミステリー小説の代表作と言えるこの2冊を書評レビューしています。作者の経歴を知ることで、次に読みたい本の発掘にも繋がるので、ぜひ記事を参考にしてみてください。 ...

sea
sea

更に、『方舟』や「爆弾」などミステリー小説だけではなく、本屋大賞ノミネート作品を紹介している記事も合わせて紹介しています。

【2023年本屋大賞】ノミネート作品10作品発表! Audibleで聴ける作品は?この記事では本屋大賞の作品の選ばれ方と2023年の本屋大賞ノミネート10作品を紹介しています。またその中でもAudibleの聴き放題で聴ける作品を紹介しています。ぜひ、本屋大賞ノミネート作品の中から好きな作家さんを見つけて読書を楽しんでみてください。...

【どちらがおすすめ】「流浪の月」と「汝、星のごとく」は号泣小説この記事では、本屋大賞のノミネート作品の凪良ゆうさんの経歴と『汝、星のごとく』『流浪の月』の読みどころをネタバレ無しで紹介しています。 ぜひ、次に読む本の参考にしてみてください。...

変な家・変な絵・爆弾・方舟・流浪の月・汝、星のごとくは全てAudibleで聞けます!

【読書で稼ぐ】読書×副業なら『ブックレコメンド』お得な始め方を紹介副業ブームに乗って自分の読書の趣味をスキルにしたい!そんな方にオススメの「ブックレコメンド」の紹介をします。 実は、ブログを始めるよりも簡単で、文章の勉強にもなる。そんな「ブックレコメンド」の始め方を解説。記事の最後には「お得な始め方」も紹介しています。...

【読書ブログは稼げる?】ブログ開始何ヶ月目で稼げるようになった?収益を公表こちらの記事では、読書ブログのメリットと始め方を解説しています。ブログを始めたいけどどのジャンルが良いかわからない、読書ブログって始めやすそうだけど本当に稼げるの?そんな疑問を持っている方に読んでほしい記事の内容です。ぜひ読書ブログを始めるきっかけにしてみてください。...
ABOUT ME
sea
【年間100冊読書家】読書が趣味の40代、3児のパパです。読書からビジネススキル、読書術、子育て術、おすすめ本の紹介をしています。 趣味:読書・筋トレ・株式投資・食べ歩き 好きな映画:マーベルシリーズ・アベンジャーズ 好きな作家:原田マハ